OpenSimulator: Scriptの適用 ”Scripting” ~10日目~

OpenSimulator

ここで言うスクリプトとはリンデンラボがSecondLifeの為に開発したLSL(Linden Scripting Language)のことです。OpenSimulatorでもLSLが使えます。

インターネットには数多くのスクリプトが紹介されています。それを利用すれば、自分でスクリプトを書くこともありません。ただそのまま適用できないものも沢山ありますので、引数ぐらいは自分で触らなければならないかもしれません。そういう時はSecondLife Wikiなどで構文を参考にされればいいかもしれません。

でもあまり難しく考えないで、触っているうちに、わかるようになります。”習うより慣れろ”です。

LSL Portal/ja - Second Life Wiki

 

私がよく見に行くサイトです。かなりの数のスクリプトがあり、大概のスクリプトはそろっています。
スクリプトだけではなく、フリーのアイテムなども沢山ありますので、見て回るだけでも楽しいですよ。

Outworlz

Best Tools and Free Scripts for Second Life
Best Tools and stuff for Second Life and Open Sim

扉に開閉スクリプトを入れる
1. “Get”をクリックします。
2. ”すべて選択”し、コピーします。
3. 丁番(蝶番)を作ります。
4.Content(タブ)→ “New Script(タブ)”とクリックします。
5. Contents(フォルダ)の中に”New Script(ファイル)”が出来ていますのでダブルクリックして開きます。
6.最初から入っている「スクリプトは動いていますよ」スクリプトはいらないので、削除します。
7. コピーしたスクリプトを貼り付けます。
8.”save”をクリックして保存します。
9. ドアの素材を丁番にリンクします。(注)リンクの順番を間違わないように。
10.”Default Transparent Texture”で 丁番を透明にしますが、特に透明化は必要ありません。お好みで。
11. ドアのセットを取り付け位置にはめ込みます。
12. ドアを右クリックEditで編集画面に移ります。
13. Content→New Script(さきほど編集したファイル)を開き、”Reset”を押します。そうしないと、ドアが最初にスクリプトを入れた位置へ戻ります。
14. スクリプトが思ったように動いているか確かめます。

コメント